スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

経済脳破綻省

アジアのIT人材確保へ 経産省、年1千人受け入れ目標
経済産業省が、インドやベトナムなどアジアのIT系大学卒業生を年間1千人規模で受け入れる体制づくりに乗り出す。あらゆる製品やサービスがインターネットにつながる「モノのインターネット(IoT)」や、人工知能(AI)の本格普及に備える狙いだ。

 日本の「コンピュータソフトウェア協会」(CSAJ)の会員企業約35社や日本語学校の業界団体と17日、留学生の受け入れを支援する協議会を立ち上げる。インド政府などから大卒IT人材の推薦を受け、日本語学校への留学や日本企業への就職をあっせんする。留学中にアルバイトやインターンシップを進める仕組みも検討する。2016年度は約1千人の受け入れをめざす。
経産省によると、日本の情報サービス業の従業員数は約100万人で、うち外国人は約3万人。IoTやAI、ビッグデータなどの利用が世界的に急拡大するなか、国内のIT人材数は頭打ちで、人材確保が急務となっていた。政府は20年に外国人のIT人材を6万人に倍増させる目標を掲げており、インドやベトナムなどからの人材獲得を本格化させる。
 また、日本のIT産業はソフトウェアの受託開発に事業が集中し、重要性が高まっているITのセキュリティー対策を担う人材は足りないとされている。経産省は年内にも、国内のIT人材の実態を調べる研究会を発足し、人材を流動化してミスマッチを解消するための対策を来年3月にもまとめる方針だ。(高木真也)朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASHCJ4SJSHCJULFA01F.html


日本人を教育して技術者にすべき。
IT産業の労働者の待遇を改善する。



IT産業の労働者の待遇が悪く、業界から去って行った
まず日本人IT技術者の待遇改善が先。
待遇が悪すぎるから人材があつまらない。介護従事労働者も同様である。
安い外国人の労働力が入って日本人の雇用が奪われて
さらに産業そのものも衰退する。
経産省は無能である。それとも日本人の奴隷化を狙っているのか。
日本人が高給職についてそれでも人が足りないから
外国人が、というのではない
外国人に日本人の仕事を与えて、外国人が高給に、日本人が奴隷に
個人情報の盗み放題
インドとベトナムと言いながら実は
中韓工作員がいっぱいになる。
官僚は帰化人やアカが支配してる
銭の亡者が日本を徘徊している。




なぜ、鎖国こそが理想で、今それが不能なのか?藤井聡京大教授

https://youtu.be/8ndyzFBTuTY




【藤井聡】 TPPは列島脆弱化計画!! 【超人大陸】

https://youtu.be/GWxMSTgWVPU

鎖国賛成。
経済最優先が日本を不幸にしている。
社会秩序の氾濫。凶悪犯罪の日常化
司法の偏向、堕落



https://youtu.be/t1pqi8vjTLY


 
人気ブログランキングへ

人気blogランキングへ

_[2]


スポンサーサイト
Date: 2015.11.19 Category: 未分類  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。