スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

TPPは不道徳

TPPは経済至上主義の侵略戦争ではないか?
自由貿易即ち経済的な他国への侵略、他国の富を略奪する、もしくは略奪される側になるか。
大体環境も歴史も伝統も違う国々が自由貿易という名の経済戦争で、争うが如くである。
負けた国か民は経済的奴隷に成り下がるのが落ちである。しかも利益は企業か投資家でしかない。
それよりは、各国々が互いの伝統や文化を尊重し傷つけない程度の輸出に止め、また傷付かない程度の
輸入に抑える。それぞれの国の文化や伝統を維持し守ることが人類の幸せに繋がるものだと思う。
それこそ自存自衛であり、武力を以ってしても守らなくてはならない大切なものだと思うのである。


参考資料:米国市民団体がTPP協定に警鐘を鳴らす(字幕)
http://www.youtube.com/watch?v=WFY-z1PcjT8



http://democracynow.jp/video/20120614-2
TPPは貿易協定の衣を着た企業による世界支配の道具
放送日: 2012/6/14(木)
日本では昨年から危険な秘密貿易協定として大騒ぎになっているTPP。環太平洋パートナーシップとか環太平洋戦略的経済連携協定とかいろいろに呼ばれていますが、中身が分からないのに一旦参加したら抜けられないと言われる馬鹿げた国際協定です。米国でも一般には知られておらず、通商代表部が企業側と連携しながら進めているので国会議員でさえ内容を知ることができない始末です。交渉の草案がリークされて、ようやく議論に上るようになりました。2011年3月に「知財関連の条項」(2月時点での米国の要求の完全版)がリークされたのに加え、今回(2012年6月)には「投資条項」の草案がリークされました。リーク文書を掲載している市民団体パブリック・シチズンのロリ・ウォラック氏は、「これは貿易協定ではない、企業による世界支配の道具です」「1%の富裕層が私たちの生存権を破壊する道具です」と断罪します。

今回のリークで特に問題視されるのが、外国の投資家が現地政府を協定違反で訴えることのでき、いわゆるISDS(Investor State Dispute Settlement)条項です。外国企業は事業を展開している国で政府を相手どり協定違反による損害を賠償せよとの訴訟を起こし、現地の法律や行政手続きにはしばられない海外の仲裁法廷に持ち込むことができます。政府による賠償は、その国の納税者の負担です。世銀や国連に設置される仲裁法廷で判事を務めるのは民間セクターの法律家であり、企業の顧問弁護士を生業とする人々です。明らかな利益相反にもかかわらず、仲裁法廷の裁定が国内法に優先され、主権が制限されます。

他にも様々な問題が指摘されるとんでもない協定ですが、こんな過激な案になったのも一部の利害関係者だけが集まって密室でこっそり進めたせいです。そんなものはドラキュラと同じで、日の光にさらせば一気に衰弱し、生き延びることはできません。国際条約の名を借りた悪法が、国民をだますような形でどんどん決められていく最近のパターンに対しては、情報の開示こそが最も声高に求められるべきことでしょう。

それにしても、米国側でも外国企業による国庫の収奪とか国内法規制の無力化への懸念が指摘されていることは注目すべきです。日本のTPP論議では、とかく「国益を守る」という言葉が国と国の間の貿易競争で有利な位置に立つという意味に変換されがちですが、産業界の利益と国民の利益は必ずしも同じではありません。あくまで国民の利益を守るという意味の国益の追求を論じて欲しいものです。(中野真紀子)



救国 安倍晋三総理を守ること=日本を守ること!

http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/vote/177/177-0527-v001.htm

安倍


 
人気ブログランキングへ

人気blogランキングへ


126599_186.gif


FC2 Blog Ranking



_[2]




スポンサーサイト
Date: 2013.03.16 Category: 日本のTPP参加は  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。