スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

ベトナム戦争時の、韓国軍

 1965年12月22日, 韓国軍作戦兵力 2個大隊がビンディンソン、クィニョン市に500余発もの大砲を撃ち込んだ後、“きれいに殺して, きれいに燃やして, きれいに破壊する”というスローガンの下、 捜索掃討作戦を繰広げた。彼らはこの村で12歳以下の22人の子供, 22人の女性, 3名の妊産婦, 70歳以上 6名の老人を含む, 50余名を超える良民を虐殺した。

ある女性は、子供を出産して二日目に銃で射たれて亡くなりました.。
彼女の子供は軍靴で踏み潰され、まだ血が流れていたお母さんの胸の上に投げ捨ててあった。
妊娠8ケ月に達していた友人は銃弾が貫通して亡くなり, 子宮が外に出ていた。
韓国兵は一歳になる子供を背負っていた娘を射ち殺して, 子供の頭を切り取って地面に放り投げ, あとはいろいろな形に切り出してくぼみに捨てた。
彼らはまた、二歳の子供の首を折って殺し, ある子供のからだを持ち上げて、樹に投げつけて殺した後、焚き火に乗せた。 そして、12歳の私は脚を射たれて倒れ、くぼみに捨てられたのです…"。

韓国軍の良民虐殺の手口
・住民たち(大部分が女性と老人, 子供たち)を一ケ所に集めた後、あるいはいくつのグループにまとめて、機関銃を乱射して抹殺する。

・住民たちを一戸に追い詰めて銃を乱射した後、家と一緒に死亡者も生存者も全部燃やす。

・子供の頭を割ったり首をはね, 脚を切ったり四肢を切断して火にほうり込む。

・女性を強姦した後、殺害して, 妊産婦の腹を胎児が破れ出るまで軍靴で踏み潰す。

・住民たちを村のトンネルに追い詰めて毒ガスを浴びせて窒息死させる。


※韓国軍の大量虐殺が強行された所では、子供たちの口にキャンディやケーキが含まされていた. 老人たちの口にはタバコが咥えられていた場合が多かった。
恐らく、村人を安心させながら一ケ所に集めるための手段だったようだ。

韓国の雑誌「ハンギョレ21」抜粋


126599_186.gif


皆さんが知らないうちに
日本でなくなる




人気ブログランキングへ
人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking










スポンサーサイト
Date: 2012.09.30 Category: あゝ、怖ろしい韓国軍  Comments (19) Trackbacks (0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。